先発医薬品の特許満了までジェネリックは製造販売できない?

ジェネリック医薬品という言葉をよく耳にするようになってきています。
しかし、全ての医薬品に対してジェネリック医薬品が存在する訳ではありません。

そもそもジェネリック医薬品は先発医薬品の特許満了から製造販売することができます。

従って、先発医薬品の特許満了していなければ製造販売することができないのです。

また、先発医薬品の特許がどの条件に対してかというのも重要です。
特に薬効の部分で注意が必要なことが多くあります。

先発医薬品が最初に薬効とした薬効以外に、その後の研究、開発により薬効を追加する場合があるのです。

そのような場合、最初の薬効に対しての特許満了をした時点でジェネリック医薬品を製造販売した場合には、最初の薬効でしかジェネリック医薬品を使用することができるのです。

従って、先発医薬品に対してジェネリック医薬品が製造販売されているにも関わらず、使用することが出来ない場合があるのです。

患者は、医薬品がどのような薬効を期待しての処方であるかを判断することが難しい場合があります。
ジェネリック医薬品を希望する場合には、医師、薬剤師に相談してから変更すると、このような場合にも対応してくれるので安心と言えます。