特許の期間は延長できないのか

特許とは、ある発明の開発者に対して国が一定期間いくつかの権利を保証する法律上の制度です。
例えば開発したものを使用して利益を得る独占権などが保証されるものです。

最近では遺伝子工学の発達が著しく、一般的に医療分野の特許取得意識も高まっています。

医薬品の特許問題は国民の生命と健康にダイレクトに関わるものであり、私達にとっても他人事ではありません。
日本の製薬会社と他国の製薬会社が同時期にある薬を発明しても、特許を取得しておかなければ販売出来なくなる可能性もあるのです。
医薬品の特許は、新しい化学物質の開発から薬の製造方法まで様々なものに必要とされます。

一般的に医薬品の特許期間は出願した日から20年間となっています。
ただし医薬品の場合は、特許を出願してもそこから治験などを行なわなければなりません。
そのような期間は「特許期間延長制度」の対象とされますので、全てを含めると医薬品の特許期間は25年間になります。

もちろん初めに登録した特許を継続させる為に、毎年特許料は納めておかなければなりません。

再生医療分野の著しい発達に伴い、日本でも医薬品の特許機関を延長させる動きは強まっています。
今後の進展により、現在よりも特許期間が延びる事が期待されます。